カバーマークのファンデーションは使い方次第

先日、長い間憧れていたカバーマークの肌色診断を受けました。

 

実店舗でスタッフの方に、腕の内側にファンデーションを何種類か塗って、私の肌色に合うファンデーションを選んでいただきました。
結果は、ブルーベースのいちばん薄い色が肌に近いという結果でした。

 

そこで、その色番のリキッドファンデーションとコンシーラーを購入させていただいたのです。

 

自宅に帰ってからウキウキと買ってきたお品でメイクさせていただいたのですが…… 
なんと、幽霊みたいに血色の悪い人が鏡に映っていました!

 

元々私は顔色が青白くて血色が悪いんですよね。その色味に近いファンデーションを選んでしまったというわけです。
ファンデーションは顔色に近い色ではなく、顔色を引き立ててくれるものを選ぶべきだと痛感しました。

 

でもせっかく買ったファンデーションを死蔵させてしまうのはもったいないです。
私は普段、化粧しているのがわからないくらいメイクは薄い方です。
なのでカバーマークのファンデーションも、乳液と少量混ぜて、目の周りや鼻の付近など、肌のアラを隠したいところにごく薄くのせるようにしました。
これなら「メイクしてます」という感じもなく、ほんのりカバーできるのがいい感じ。

 

どんなコスメも使い方次第ですね。